sinrosoudan.png

偏差値教育はもう古い?!変化の激しい社会に対応した、探究型の大学教育

大学での学びについて、まだ偏差値教育が主流だと思っていませんか? 保護者の方々が受けてきた教育から現代の教育は様変わりしています。 それは社会の変化が激しくなっているから。 大学を卒業し社会にでたときに必要とされる力が、 偏差値では測れないものに変化したからです。 だからこそ、それに対応できるような教育システムが 大学教育の中でもすでに導入されています。 今回は、 「成功する子は『やりたいこと』を見つけている」 著者である中曽根陽子が ・「偏差値教育」から「探究型教育」への学びの変化 ・そんな時代においての、「探究力の育て方」 についてお話しします。 また、「探究型教育」を実践しているさとのば大学の取締役 会沢が 最前線での学びの具体例などをわかりやすくお伝えします。 ご参加いただくみなさまが、 昨今の大学での学びついての理解を深め、 自分の子どもに合った入試選びを検討したり、適切なサポートができるような、 気付きを得ていただく時間にできればと考えております。 ぜひお気軽にご参加ください。 ▼こんな方におすすめ 大学受験を控えている高校生をお子様にもつ保護者のみなさま ・子どもの進路選択への向き合い方を考えたい方 ・偏差値教育から探究型への変化を知りたい方 その他、大学の最新の学びについて知りたい方 ▼タイムスケジュール ・本日のイベントの趣旨説明 ・「偏差値教育」から「探究型教育」へ(中曽根陽子) ・変化の激しい社会に対応した、探究型の大学教育の最前線(さとのば大学) ・保護者のみなさまからの質問コーナー ▼概要 日時:6月25日(土)20:00-21:00 場所:オンライン会議ツールzoom ※お申し込みいただいた方に、当日URLをお送りします。 ▼参加費 無料 ▼参加方法 お申し込みが必要です。下記フォームをご入力ください。 https://forms.gle/fCYd3QejETRqfhASA ※基本的に顔出しと発話ができる方のみ、ご参加をお願いします。 ▼申し込み締め切り 6月25日(土)18:00 ▼ゲスト 中曽根 陽子(なかそねようこ) マザークエスト代表 出版社勤務後、女性のネットワークを活かして取材・編集を行う、編集企画会社を発足、代表に。「お母さんと子どもたちの笑顔のために」をコンセプトに、数多くの書籍をプロデュースした。その後、教育ジャーナリストとして、紙媒体からWEB連載まで幅広く執筆する傍ら、海外の教育視察も行う。ポジティブ心理学コンサルタントも取得し、最近は子育て教育探究ナビゲーターとして、親に寄り添った発信をしている。最新刊『成功する子は「やりたいこと」を見つけている 子どもの探究力の育て方』(青春出版社)他著書多数。 ▼モデレーター 会沢 裕貴(あいざわゆたか) 地域を旅する大学の「さとのば大学」を運営する(株)アスノオト取締役 1987年茨城県水府村生まれ。新潟大学大学院建築学コース修士課程修了後、商業施設とまちづくりのコンサル会社、茨城県地域おこし協力隊を経て、NPO法人COJに入職し、全国でコミュニティ・オーガナイジングの講師や実践伴走を担当。 その後、認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパンに入職し、ファンドレイザーとして企業連携を担当。 2021年11月より現職。 2022年4月より東京都立大学大学院ビジネススクール在学中。 ▼主催 さとのば大学(https://satonova.org/) マザークエスト(https://www.motherquest.net/)