%E7%B8%BA%E8%BC%94%E2%86%92%E7%B8%BA%EF%

​curriculum

オンライン講義って?
​地域でのプロジェクトって?

さとのば大学とネットの大学managaraのダブルスクール型の学びで、

好きな場所で好きな自分に挑戦するための4年間を過ごしませんか?

さとまな連携地域.png

​連携地域

挑戦しやすいまち、移住者が多く風通しがよいまち、まちづくりの先進事例が集まっているまちなどを選んでいます。どの町も、学生のチャレンジを応援し、ともにチャレンジをしてくれるコミュニティがあります。

信岡良亮 (のぶおか・りょうすけ)

​講師紹介

教えるだけではなくともに学ぶ、講師。まちづくり・コミュニケーション・自分理解・ビジネスなど、

多岐にわたる専門性を持った講師がいます。

nobuoka2.jpg

1982年生まれ。関西で生まれ育ち同志社大学卒業後、東京でITベンチャー企業に就職。Webのディレクターとして働きながら、大きすぎる経済成長の先に幸せがあるイメージが湧かなくなり、2007年6月に退社。島根県隠岐諸島海士町という人口2400人弱の島に移住し、2008年に株式会社巡の環を仲間と共に起業。6年半の島生活を経て東京に活動拠点を移し、2015年5月に株式会社アスノオトを創業。 「地域共創カレッジ」主催のほか、さとのば大学の発起人。

profile-04.jpg

西塔大海 (さいとう・もとみ)

1984年山形県生まれ。地域おこし協力隊制度設計の専門家。北海道から九州まで全国の自治体で協力隊の募集・活動・起業の支援を行なっており、研修受講者は2000人以上。協力隊キャリア形成にも詳しい。また、合作株式会社の取締役で、企業と地域の合作をつくることも仕事。福岡県の山奥に妻と娘と柴犬とひっそりと暮らしていて、愛犬の名前は村長。

​担当講義:地域創造概論、共創型キャリア論

兼松佳宏(かねまつ・よしひろ)

184839502_10159325684468390_3095585990960450533_n.jpg

1979年生まれ。ウェブデザイナーとしてNPO支援に関わりながら、「デザインは世界を変えられる?」 をテーマに世界中のデザイナーへのインタビューを連載。 その後、ソーシャルデザインのためのヒントを発信するウェブマガジン「greenz.jp」の立ち上げに関わり、10年から15年まで編集長。16年より京都精華大学人文学部特任教員として、ソーシャルデザイン教育のためのプログラム開発を手がけた後、再びNPO法人グリーンズに「グリーンズの学校」編集長として復帰。著書に『beの肩書き』『ソーシャルデザイン』、連載に「空海とソーシャルデザイン」など。秋田県にかほ市出身、長野県北佐久郡在住。

​担当講義:ソーシャルデザイン概論、マイプロジェクト演習

嶋田匠 (しまだ・たくみ)

158717276_264738908460313_2300911849240742405_n.jpg

1992年、東京生まれ。“よりどころ“づくり、“やくどころ“づくりという2つをテーマに、みんなが居場所を感じられる社会をつくるための事業やプロジェクトを営む。2018年、“よりどころ“づくりの事業として、日替わり店長の「ソーシャルバーPORTO」を開業。2020年、“やくどころ“づくりの事業として、個人のらしさを活かした小さな商い(=コアキナイ)を育む社会づくりプロジェクト「コアキナイ」を立ち上げる。その他、組織/コミュニティづくりの支援などに従事。

​担当講義:マイプロジェクト演習、コアキナイ入門

原田優香(はらだ・ゆか)

161453250_776175639690829_3017707319556486748_n.png

1994年京都府生まれ。社会福祉士(208770号)・精神保健福祉士(第76385号)
カウンセリングやアサーション領域に関心があり、安心できるオンラインコミュニティを基盤にして、 参加者が「安心して悩みや生きづらさを吐き出せる」ことと、他者からのフィードバックや声掛けによって 「自分の特性を言語化」していく「ジブン研究」を実施。仕事は、イベント企画運営、プロジェクトマネジメント、コミュニティづくり、組織運営、ワークショップ運営など。

​担当講義:ストーリーテリング演習、ジブン研究、保健室

​講義内容(一例)

カリキュラム_2021herf_202103-03.jpeg

1週間の過ごし方の例

​月曜日は週に1回のメンタリング、火曜日から木曜日までの午前中はさとのば大学のオンライン講義で、それ以外の時間でマイプロジェクト(自分発信のプロジェクト)の時間に充てたり、managaraの講義動画を見たり。

1週間の過ごし方-03.jpg

​4年間の過ごし方の例

1年ずつ地域を変えて学びます。​海の地域・山の地域など風土も違い、まちのサイズや社会課題も違う様々な地域を、自分の興味関心やレベルに合わせて選び、学ぶことができます。

4年間の過ごし方.png

#地域を旅する大学