2泊3日のショートトリップ
さとのば大学 Learning Journey

”観光じゃない、学びのある旅がしたい!”
”地方に行ってみたいけどつながりがない!”
”ゴールデンウィーク、なにかしたい!”

そんなみなさんに、2泊3日の「Learning Journey」を企画しました!

7つのおもしろい地域から自分の行きたいまちを選んで、価値観を広げてくれる人に出逢える旅です。

視野を広げたい高校生も、GWになにかしたい大学生も、転機のきっかけがほしい・気分転換をしたい社会人も大歓迎です!

※2021年夏にも開催した「Learning Journey」の2回目です。コロナウイルスの感染拡大で前回参加できなかった人、予定があって諦めてしまった人もぜひ!(夏の募集記事はこちら)



画像9

今回はこの3つをテーマに、この旅を企画しました。

① ”まち” を見る視点を得られる
②視野を広げてくれるひとと出逢える
③自分と出逢い直すことができる
家族や友達、学校・職場の人などと普段の生活を送っていると、びっくりするような生き方をしているひとに出逢うことは少ないのではないでしょうか。

生まれ育った環境や、同じ場所に所属しているなど、知らぬ間に自分と近い価値観のひとたちと過ごすことが多いはずです。

それも居心地がよく、帰る場所があることも大切ですが、同質性のなかにいると「自分」というものはなかなか見えにくく、意識しないと自分の視野を広げるような価値観と出逢うことは少ないと思います。

しかし、今回の旅では、まちを案内してくれるコーディネーターのひとも、まちで出逢うであろう学生や大人も、もしかしたら少し変わって見える、普段出逢わないような生き方や働き方をしているひとが多いと思います。

そんな一見「自分とは違う」ひとと出逢うことで、逆に「自分はどんな人間なのか」が、じわじわと見えてくるかもしれません。



そして、みなさんはどんな "まち" が好きですか?

「地方と都市」という分け方が当たり前のようにされますが、実は、「地方と都市」という二元論では語れない、多様な切り口とグラデーションが "まち" にはあります。

実際に "まち" を見て感じることは人それぞれ。ただ観光をして名所を見るだけでなく、抱いた感想を持ち寄り、参加者と一緒に互いの視点を共有しあえることも、この旅の醍醐味です。

旅と対話を通じて、いままで気づかなかった自分の視点や価値観に出逢ってみると、「自分はどんな "まち" が好きなのか?」という問いに、もう一歩解像度の高い答えを持てるようになるのかもしれません。

▼オンライン事前学習
4/21(木)20:00-21:30

▼2泊3日ツアー:好きな地域をお選びください。
①4/29,30,5/1
秋田県五城目町、宮城県女川町、福島県南相馬市、岡山県西粟倉村
②5/3,4,5
北海道名寄市、岐阜県郡上市、京都府南丹市

▼オンライン事後学習
5/6(金)20:00-21:30

▼参加費
学生:5,000円(税込)
社会人:15,000円(税込)
※学生優先のため、社会人枠は10名限定とさせていただきます。
※地域での宿泊代・食事代は別途、現地で15,000円~20,000円程度かかります。交通費も別途、交通手段と地域によって異なりますがかかります。
※旅先までの交通費は含みません。

▼対象
高校生以上(旅の趣旨に共感してくださる方!)

▼締め切り
4/8(金)23:00

▼地域
7つの地域から選べます。
(北海道名寄市、秋田県五城目町、宮城県女川町、福島県南相馬市、岐阜県郡上市、京都府南丹市、岡山県西粟倉村)
※地域ごとに定員があるため、ご希望に添えない場合もございます。

▼申し込み方法
以下のフォームよりお申込みください
https://forms.gle/gMDrwkfFeLhjL9hCA

▼お問い合わせ
さとのば大学事務局(株式会社アスノオト)
MAIL:satonovainfo@satonova.org
この「Learning Journey」は、2泊3日のツアーだけでなく、オンラインでの事前学習と事後学習もあります。事前学習では、旅への心構えや、まちを案内してくれるコーディネーターのひとたちとの関係性づくりをします。

事後学習では、他の地域に行った参加者のひととも「自分が行ったまちはどんなまちだったのか」話してみたり、 旅での気づきや学びをシェアしたりします。

画像13



画像8

具体的なツアー内容や、見学先や体験内容は、行く地域によって異なります。温泉施設に泊まれる地域や、森山登山ツアーができる地域、演劇が体験できる地域もあります(!)

各地域のプログラムの詳細はこちら



画像7

今回の旅先である7つの "まち" を詳しくご紹介。

「聞いたことのない地域が多いのはなぜ??」
「どうしてこの7つの地域なの?」

ぜひその理由を探るべく、読んでみてください!ハッシュタグもついているので、気になるワードで旅の行き先を選ぶのもよいかもしれません。自分のピンとくる場所を選んでみてください。